ランドセルは子供の成長の証~個性が見える虹色の背中~

伝統的な日本の通学鞄

ランドセルの今後に関して

ランドセルと言えば、日本人の誰もが背負ったことのある通学用カバンの総称です。昔は黒か赤の二種類しかありませんでしたが、最近は色とりどりのランドセルが製造・販売されています。 非力な子供でも背負えるよう、最近のランドセルは重さも軽量化されており、実際に背負った時にはほとんど重さを感じないほどです。 そんなランドセルは日本独自のモノであり、世界にはまだ浸透していません。その一方で、日本のランドセルに目をつけている国があったりするので、もしかするとこれからゆっくりと世界に羽ばたいていくのかもしれません。 なので近い将来、日本のランドセルが世界中で背負われるようになる日がやってくるかもしれません。期待しておきましょう。

注意すべき点に関して

ひとくちにランドセルと言っても、その種類は大きく分けて二つあります。 一つは縦型のモノです。いわゆるスタンダードタイプのモノであり、全体を見ればこちらの方が多数派となっています。 もう一つは横型のモノです。従来のタイプと違って厚みがなく、横に広いタイプとなっています。 そして、その横型ランドセルを購入する際には、少し注意しなければならないことがあります。まず、横型のモノは学校のロッカーに入らない恐れがあるのです。学校のロッカーは基本的に縦型のモノに合わせて作られているため、横型のモノが収まらないことがあります。 また、従来のランドセルカバーのサイズが合わない場合が多いです。 ですので、横型のモノを購入する際には、そのあたりのことをよく考えた上で購入するようにしましょう。