ランドセルは子供の成長の証~個性が見える虹色の背中~

工夫がなされた設計

ランドセルを利用するメリットについて探る

こどもが学校に上がる様になると、揃えるものが様々にあります。中でも、ランドセルについては、特定小学校であったり、余程の事がない限りには、教室の全員が準備する事になります。 ランドセルを利用するメリットとしては、手持ちではなく、両肩に掛けて教材等を持ち運びできる点にあります。手提げの場合には、片方の手が塞がれてしまいますが、ランドセルを利用すると、両手が空くので、歩く時の安全を確保する事にも繋がります。特に小学校の低学年のうちには、何かを持って歩く、走るが覚束ない体の成長段階でもあります。ランドセルを背負う事で、安定感をもって登下校などの移動を行う事が可能になります。 他方では、祖父母にとっては、学業に専念するための道具の一つとして、お祝いに贈呈する事ができ、実際に孫へのプレゼントに利用している人たちが多く見られています。

現在の取り組みについて見てみる

ランドセルへの現在の取り組みとしては、何といってもその軽量化に工夫を凝らしています。素材、使用される金具等を工夫する事で、ランドセルを軽量化し、その分を教材等必要品を更に収納する事ができる様になっています。他にも、特にデザインやカラーを豊富に揃える事で、バリエーションを豊富にしています。利用するこどもたちにとっても、その様な多くのランドセルの中から、自分が一番気に入ったカラーやデザインを選ぶ事ができる楽しみなどをもたせています。 また、ランドセルを利用する期間における、こどもの成長段階では、特に低学年の場合には動きも活発なため、ランドセルをぶつけてしまう事もあります。そのため、キズなどが付き難い工夫も施されたものが多く見られています。